新ロジック一部説明

皆様こんにちわ。

相場の方は大分落ち着きを取り戻してきた感が
ありますが、各国の中央銀行の緩和対策が評価された
結果が相場に現れていると思います。

この先の相場はわかりませんが、今回の緩和策の評価が
相場に盛り込まれた後、次の相場のテーマは企業業績の
評価に移ってくると思います。
ほぼ全企業の業績は悪化している筈ですがその悪化程度で
相場の流れが決まりそうです。
私個人的にはこの先何かのきっかけで相場が大きく崩れ
て2番底を確認しに行く様な動きを想像しています。

今回のコロナショックでの暴落時からはまだ2番底の
確認は出来ていないように見えます。

さて、新しいバージョンでの自動売買のロジックSPL動作
のもので、ブレイブブロッサムズとレ・ブルーに関しては
先回簡単にご紹介して参りました。

これらは、相場の動きに連続して追随していくSPLと呼んでいる
売買ロジックを新しく採用した、これまでに無い売買ロジックを
完全自動で実現させています。

今回は、イーグルス名付けた、NT倍率を売買の対象に
したN225ミニとTopixラージ、両建ての組み合わせサヤ取り
ロジックに関して簡単にご説明してまいります。

これまでのOFAの自動売買は全てN225ミニで売買を行って
いるものですが、イーグルスは、N225ミニとTラージを
使用します。

これらの両建て(どちらかが売りでどちらかが買い、という両建て
で売買を行います)の倍率、すなわち、
N225ミニ価格➗Tラージ価格=NT倍率
で表されるNT倍率を売買の対象にしてこれを自動売買で
行えるものです。

これまでのフォワード実績も殆ど大きな負けがなく、勝率も
極めて高く、個人的には評価しているロジックの一つです。

ポジションは3つ用意してありますが、これらはこれまでのOFA
での各ロジックのポジションの考え方とは異なり、ポジションの
2と3は各々ポジション1のナンピン様に用意されているものです。

殆どの場合、ポジション1のみで自動エントリー/自動決済を行います。
今月ここまでのアップデート成績は全てポジション1のみでした。

このイーグルスの大きな特徴は;

1)売りと買の両建てで常に動きますので、証拠金消化が低く出来る事。
2)完全自動の売買ロジックです。設置値の変更等は全くありません。
(設定値は、出荷時点では予めソフトの中で設定を完了しており、
 各ユーザー様で全て異なります。任意の設定値が自動で割り振ら
 れる様にプログラムされていますので、同じ設定値ににはなりま
 せん。 従って、マーケットインパクトは考慮外になります。)
 また、各々の設定値は異なりますが、年間程度の期間でみますと
 売買成績は大きな違いは出ません。
3)NとTの倍率が売買対象となります。これは倍率が大きくなったり
 逆に小さくなったり常に相場の中で変動しています。
 この変動幅の一瞬を捉えて利益確定を完全自動で行います。
 ユーザーは何も行う必要は一切ありません。
 ご自身の1回あたりの目標利益額を予め設定しておくだけです。
 裁量ではこの一瞬の倍率の開きを捉えて決済する事はほぼ
 不可能に近いことなのです。

この様に、手間いらず、完全自動、両建てでの証拠金消化 ”小” など、
あまり利益目標金額を欲張らなければ勝率も極めて高く、
なかなか良くできているソフトと評価しています。

以上、今回は両建て、NT倍率自動売買ロジックのイーグルスを
簡単にご紹介致しました。

次回は、新たに他に搭載されるロジックに関する簡単なご説明と
各新ロジックの得意相場と不得意相場に関してご説明を行う予定です。

これまでのPremierバージョンをお使いのユーザー様の特典をご用意
しておりますので、発売開始のアナウンスまで今暫くお待ち頂きます
様お願い申し上げます。