ノートPCとデスクトップPC

今晩わです。

先日あるユーザー様から質問とご意見を頂きました。

何故、デスクトップPCを採用しないのか? です。

結論、私どもとしてはどちらでもいいのです。
どちらも一長一短がありますね。

ノートPCにはデスクトップに無い特徴はなんと言っても内蔵の電池
ですね。
停電、瞬断にも結構追随できます。場所も取らない。
出始めの頃と違いスペックもデスクトップに引けを取らない。

いろんな点からも自動売買に適したパソコンと考えています。
私が思うに、自動売買を意識しての決定的な違いは、皆さんよく
見落ちしがちですが、「放熱」です。

この放熱、結構重要なのです。
デスクトップには普通でも2~3個のファンが常に回っていて、筐体も
デカいものも有り放熱の点では絶対にデスクトップに軍配が上がります。

ノートPCでこの放熱にはちょとした注意も行ってやると良いです。
CPUがフルに稼働している状態、例えばWINDOWSのアップデートを
行っている様な時には本体の一部(CPUが置かれている位置)が結構
熱くなっている事を感じた方もいらっしゃると思います。


自動売買でも放熱を考えると、まず避けるべきは分厚い敷物の上に
ノートPCなどは置かないこと。
敷物で放熱が妨げられています。
それと分厚いビニールの上、これは食卓でよく敷く厚めのビニールの事です。
これもご注意下さい。

私どもでは複数台のノートPCが365日常に動いていますが、この放熱の
対策として ”消しゴム” を使用しています。
ノートPCの本体を消しゴムで浮かす訳です。ゴム質ですのでちょっとした
揺れでもノートPCは全く問題が有りません。
放熱も消しゴムがアリとナシでは全く違いますね。

ほぼ毎日動いて貰うノートPCです。 放熱には心がけてやりたいものです。