2020年3月切り、実売買結果総評

今月(3月切り)実売買成績表の総括的つぶやきとして記載しておこう。
何らかの参考になるかも。

コロナウイルスに端を発して、日経225のみならず世界の株価が激変した
記録的な月となった。
記録的日々のボラティリティ、記録的日々の売買枚数、記録的日々の株価
大暴落、等々記録ずくめに一月だった。

その中で、One for All は岡三RSS動作の停止、岡三RSSからのデータ取得不能、
次々に外的要因でOne for All も日々ダウンが度重なる状況が続出。
個人的な自動売買は中旬から停止し様子見状態とした。

が、この様な状況下にあっても実稼働の売買記録であるアップデート成績表
を閉じるわけにいかない。
OFAやPCが停止したらすぐさま再起動の繰り返し、夜もろくろく眠れない
日々も数多く。
何とか一ヶ月、止めること無く継続してきた。

結果はそれぞれのロジック通りの成績となってあらわれた。
ロジック製作者の意図通りといってもいいだろう。

日々、各取引場で大幅なボラティリティが出る相場では、スイング系(オール
ブラックス+レッドドラゴン)が大健闘、寄り引け系(ワラビーズ+レッド
ローズ)は今ひとつの成績。 特にレッドローズに至っては、設定値を
低く抑えたまま売買を行ったせいもあるが、日々往復ビンタを喰らう状況で
開始らいの大幅マイナスを記録した。

スイング系では、新規サインが出た後のその場にロスカットさえ喰らわなければ
スイングして大きく利益を確保する動作が継続してそれぞれ大幅な利益で終了。

前自動バイ場結果を合計しても大きく勝ち越しで終了。
自動売買でこれだけの利益額を叩き出せば、寝不足や運動不足も文句あるまい。

今月この様な相場状況でも何とか継続したおかげで、ロジック製作者の意図通りの
売買結果が実証されて、個人的には、大きな収穫があった。
今後は、岡三RSSの更なる安定動作が求めるところではある。
これさえ、クリアできれば間違い無く、まさに「自動売買」となったのだが、
この点のみが心残りとなった。

特筆事項としては、現在鋭意開発中の(ベータ版まで完成と言っておこう)新ロジック
はまさに驚異的な売買結果を残している。
場毎に大きく変動すればするほど大きな利益となるロジックだから当たり前かも。
読者の方、大いにご期待して頂いても結構かと。
参考までに4月1日デイセッションの売買結果をご覧頂きたい。
驚異的な数字を叩き出している。 こんな荒れ相場が大好物な様子だ。
現時点では、発売時期は未定としておこう。

DDL創業の精神、One for All の精神、を忘れず開発に集中、まさに没頭している日々。
ロジックが思い浮かんだら、まさに寝るのも惜しい日々。
時間が欲しい、時間が欲しい、の毎日。
全ては私も含めて皆様の為、皆様の資産形成のお役に立ちたい、この一点のみ。
この点に関しては、まさに、一点の曇りも無い。
いわば、ほぼ自分の私生活など全く犠牲にしている日々。
瞬く間にカレンダーが進んでいく。

速やかに仕上げて行きたい。 
だが、現時点では発売時期は未定としておく。

突如として発表するかもしれないが、、、、、、。

この先、ある程度まとまった時点でこのブログでその概要に関してつぶやく予定。
現行の【Premier】バージョンに加えて新ロジック数点が追加される事になるだろう。

発表時の説明会で皆様の ”驚愕の表情” がまさに楽しみ。
だが、、、、、この状況下では新製品説明会の開催は出来そうにも無いが、、、、。 
この点は残念。
コロナ君早く去れ。