One for All の私個人の設定値は?

お早う御座います。
OFAの設定値に関して時々ご質問も頂きます。
設定値は、発売当初から決めていて今後もこの方針は
変わることは無いのですが、ユーザー様保護の目的なのです。
多くの方が全く同じロスカット値や利確値の同じ設定値で運用を
行いますと”マーケットインパクト”という問題が生じる可能性が
出てきます。

これは、同じ値に多くの枚数が重なることで本来なら約定すべき
値段で約定できない場面が出てきてしまう現象の事です。
こうなりますと、せっかくに自動売買も意味を成さなくなるからです。
ですので、詳細な設定値は公開しないことを貫いています。

私も個人としてOFAを使用して自動売買を楽しんでいる訳ですが、
ここでも以前公表しましたが、余りにも値幅のアップダウンが激しく、
また、余りにも日々の売買枚数が増減しましたので3月中旬からは
一旦運用を中止していました。
4月からまた開始しています。

ここ1,2ヶ月の相場の様子を見て、実は今回初めて個人的な設定値
を若干修正して再開しています。

修正した点は、ロスカット値と利確目標値をそれまでより広めに変更
しています。
例えば、ロスカット値であれば、-100円に設定して来ていたと
すると、それを-150円、あるいは、もっと広げ-200円程度
まで広くするとかです。

これは、全てのOFA各ロジックに共通の内容にはなりますが、各
ロジックでは当然その値は異なってくるかと思います。
余り広くし過ぎるとそれが現実にロスカットに引っかかってしまうと
1回の損失が大きくなりすぎてダメージも大きくなるのでこの点は
ほどほどに、という注意も必要になってきます。

通常相場と違って、場の中でのアップダウンが激しい相場付きでは、
レッドローズの様な両建て寄引ロジックは、往復ビンタを喰らう場面
が多く出現する事にもなります。
この様な異常相場では、休むも相場なり、の名格言適用も、、、です。

このあたりの度合い、判断は、皆さん個人のご判断になると思います。
日頃の相場観察の努力度合いが試される局面かもしれません。

この様に、OFAの設定に関しては、ご自身のご判断で、大きな目で観て、
相場の流れによって少し替えてみる、或いはお休みする、などもアリかも
しれませんね。
相場は決して逃げませんから。

勿論、通常の相場付きに戻ったと判断できれば、これまで良かった設定値
に戻す様にすればいいと思います。

ただ、余りにも頻繁に設定値を変更されるのは絶対にお勧め致しません。
そのうち自分の設定値を見失ってしまい、良好な売買成績には繋がりません。

なお、公開しているアップデート成績表の方は、3月の急落場面でも一切の
設定値変更は行ってきませんでした。
あの異常なまでの相場の流れの中でも設定値を変更しなくても何とかプラスで
終えています。
でも岡三RSSが停止する度に再起動するという”努力”は大変なものでした。

以上、ご参考までです。

ここ1週間ほどでは相場が落ち着いてきている様子ですが、まだ予断は
許さないと考えています。
再度の急落の場面が有るかもしれません。
いわゆる2番底を確認に行く流れです。

その際は個人的にはN買いの絶好機到来かと考えています。
皆様のご幸運を願っております。